【体験日記】オーストラリアでWorkaway(ワークアウェイ)を使ってみた。

どうもこんにちは。おたゆです。

さてさて、みなさんは、Workaway(ワークアウェイ)というサービスをご存知でしょうか?
1日に数時間のお手伝いと引き換えに、食事と宿を無料で提供してもらえるという、最高のサービスです。

Workawayと似たサービスに、WWOOFCouch Surfingなんかもありますよね。

Workawayの概要については、こちらの記事をどうぞ。

ということで!

今回は、実際にオーストラリアでWorkawayを利用した、僕の体験談を詳しく紹介していきたいと思います!

TOC

滞在先と滞在期間

今回、お世話になったのはゴールドコーストに住む、Hollyさんのお家。

f:id:otayu18:20171018193911j:image

写真を見てわかる通り、めっちゃ豪邸です。マジで家デカいし、クソ綺麗でした。

今回は、このHollyさん宅に1週間お世話になりました!

お手伝いの内容

今回、滞在させてもらう代わりに頼まれたお手伝いの内容は「日本語の指導」と「Spring Cleaningのお手伝い」。

実はHollyさんは、大学時代に少し日本語を勉強していたんだとか。
「どうせならちゃんと日本語話せるようになりたい!」ということで、今回は日本語の指導を頼まれました。

もうひとつのSpring Cleaningは、日本でいう年末の大掃除みたいなものです。

オーストラリアでは、年末の大掃除がない代わりに、春の初めに大掃除をする習慣があるんですね。

体験日記

今回は、実際に体験した内容を日記形式でまとめてみました!

1日目

この日の夜に、仕事終わりのHollyさんとご対面。
一緒に生活する上での、簡単なルールや家の紹介を受けて、この日は終了。

で、僕の与えられた部屋がこちら。

f:id:otayu18:20171018194208j:image

最高かよ。

2日目

ついに初仕事。
この日頼まれたのは、お庭の肥料撒き。

Hollyさん宅は、家だけじゃなくお庭もご立派。

f:id:otayu18:20171018194441j:image

楽しくお喋りしながら、一緒に肥料を撒きました。

お庭が立派過ぎるおかげで、全然肥料撒き終わらなかったんですけど、Hollyさんが疲れちゃったので作業終了。

夕方からは、一緒にゴールドコーストへ行ってお散歩。

f:id:otayu18:20171018201222j:image

夕飯は、Hollyさんの友人夫婦と一緒にディナーを楽しんできました!

労働時間は約4時間。

3日目

この日は、まさかの近所の人のお引っ越しの手伝い。

Hollyさんの弟さんと、仲良く家具を運びました。
弟さんの名前は忘れちゃいましたが、シュレックみたいな人でした。

昼ごはんは、手作りサンドウィッチ。

f:id:otayu18:20171018194726j:image

労働時間はこの日も約4時間。

引っ越しは依頼されてる仕事外ということで、給料までいただちゃいました!あざます。

4日目

この日は、お庭の草刈り。

f:id:otayu18:20171018194935j:image

のんびり草刈って終了。ホントにこれしか手伝わなくていいのかというレベル。w

労働時間は約3時間。

5日目

この日は、お手伝いなし。

Hollyさんオススメの、タンボリンマウンテンに行ってきました。自転車で。
なかなか遠くて、総走行距離は60km

しかも、Hollyさんが教えてくれた道は既に封鎖されており、チャリを担いでこの山道を登ることに…。

f:id:otayu18:20171018195339j:image

普通にしんどかったです。

その分、タンボリンマウンテンは楽しかったけどね!

帰宅後、Hollyさんに道が封鎖されてた話をすると、大爆笑してました。ワロエナイ。

6日目

この日は、家の窓拭き。

昼ごはんには、オーストラリア定番ランチのラップと、Hollyさん特製のバナナスムージー。f:id:otayu18:20171018195956j:image

どっちも最高に美味でした!

労働時間は約4時間。

そして、この日の夕飯は、

  • レアすぎて出血多量のステーキ
  • 生のエノキがたっぷり入ったサラダ
  • 冷蔵庫の奥で見つかった賞味期限切れの牛乳

という最高のラインナップ。

なにが悪かったのかはわかりませんが、人生最大級の激しい腹痛に襲われました。

ホントになにが悪かったんだか、さっぱりです。 

7日目

最終日にも関わらず、まさかのお手伝いなし。
ということで、野生のコアラとカンガルーが見れると噂のクーンババ自然保護区に行ってきました。当然、自転車で。

あの山道を乗り切った僕に怖いものはありません。総走行距離たったの50km。

残念ながら、コアラを見ることは出来ませんでしたが、カンガルーはめちゃクソいました。

f:id:otayu18:20171018210839j:image

今となっては、マグネティック島でコアラも見れたし、カンガルーだけでも大満足です。

8日目

朝ごはんを食べて、Hollyさんと涙の別れ、、、

とはならず、笑顔で別れました。

f:id:otayu18:20171018201700j:image

2人とも寝起きで絶好調。見事に逆光です。

そして、気づいた方もいると思いますが、

日本語、一度も教えずに1週間終わりました

おつです。 

まとめ

いかがでしたか?

ゆる~~~い生活を送っていたことがわかりますよね。w

もちろん家庭によって、課される仕事の内容も違うし、生活スタイルも大きく異なります。
でも、これまで僕の友人から体験談を聞くなかでは、「過酷な労働を強いられた…」という人は一人もいません。

大抵、みんな、「俺のホストは当たりだったぜ!ヒーハー!」と自慢し始めます。

1日に数時間のお手伝いと引き換えに、食事と宿を無料で提供してもらえるWorkaway
実際に、現地の人と同じ生活スタイルで、同じごはんを食べて、同じ屋根の下で眠る。

ホームステイのように多額のお金を払わなくとも、Workawayを使えば、同じかそれ以上の経験ができると思います。

もちろん、「お金を節約して、海外に滞在したい!」という方にもオススメです。

ぜひ、みなさんもWorkawayを利用してみてください!

それではまた!

If you like this article, please
Like or Follow !

よかったらシェアしてね!
TOC