ブダペスト、イイとこ。マジで。

どうもこんにちは。おたゆです。

最新記事までの旅のルートはこちら。

さてさて、見事モスクワの空港に監禁され、マトリョーシカも見飽きてきたので、次の国へ。

モスクワについてはこちら。

モスクワから向かった先は、、、ブダペスト!!

ブダペストって言われても、正直しっくりこないですよね。(笑)

ブダペストは、中央ヨーロッパ「ハンガリー」の首都です。

んー、ますますしっくりきませんね。

ということで、今回はハンガリーの首都「ブダペスト」について。

ブダペスト、寒い。マジで。

f:id:otayu18:20180506162907j:image

ブダペストに入国して、まず感じたことは気温の低さ。

ブダペスト空港出た瞬間、

さぶっっっっ!!!

ってなりました。

ブダペストさむいなー

みたいな生半可な奴じゃないです。

おかげさまで、鼻水で顔グショグショ。

足の指も冷たすぎて無くなるかと思いました。

ぶっちゃけ気温は0℃下回る程度。

ということで、そんなに寒いわけでもなかったんですが、ここしばらく温かい国にいたせいか、クソ寒く感じました。マジで。

まあ冷静に考えると、一番の敗因は「サンダル」だったことなんですけどね。

ブダペスト、安い。マジで。

入国した瞬間に、寒すぎて嫌いになったブダペストでしたが、食料調達に出かけたら即行好きになりました。

というのもね、ブダペスト、

パンがめちゃくそ安い!!!!

f:id:otayu18:20180506162759j:image

パン1個で、16フォリント。

これを日本円に換算すると、、、、

7円!!!

※1フォリント≒0.4円(2018年7月現在)

ちなみに、こちらの顔より遥かにデカいパンも80円程度。

f:id:otayu18:20180506162819j:image

めちゃめちゃリーズナブルです。(笑)

パンを購入する上で、唯一気になる点は「袋に包まれていないこと」

地元のみなさん、購入しようと鷲掴みにしたパンを、余裕で棚に戻します

ちょいとばかし不衛生な気もしますが、気にしたら負けなやつです。

てか、まあ東南アジアに比べたら、全然イージーなやつです。

なにはともあれ、物価が高く、旅人泣かせの国が多いヨーロッパで、この値段設定は超良心的。

また、ブダペストでは、パンだけでなくチーズや野菜もお手頃価格で手に入ります。

極安のパンチーズ、そしてハンガリー名物のパプリカサラミを揃えれば、マジで勝ち組。

貧乏バックパッカーのみなさん、マジでハンガリー最強です。

ブダペスト、癒される。マジで。

さてさて、日本ではマイナー気味のブダペストですが、この国には日本人の大好きな「アレ」があるんです。

そうです、「アレ」です。

f:id:otayu18:20180506163307j:image

温泉!!!!!!

海外に出ると、湯船に浸かる機会ってほぼ無いですよね。

そんな中での温泉はマジで神です。

ブダペストには、5つ?くらい温泉がある中で、今回はセーチェニ温泉に行ってきました!

館内の様子はこんな感じ。

f:id:otayu18:20180702140440j:plain

湯船はなんと10個以上

日本の温泉に引けをとらない立派な温泉です。

f:id:otayu18:20180702140508j:plain

入場料は、曜日や時間帯によって異なりますが、4000~6000フォリント(1500~2500円)程度。

僕は日曜の夜料金ということで、4600フォリントで入浴しました。

老若男女問わず賑わうこちらの温泉は、大人気番組「世界の果てまでイッテQ!」でも、取り上げらたことがあるんですね!

当時の映像はこちら。

動画の14:00~から登場する「流れる温泉」にももちろん入浴してきました!

f:id:otayu18:20180506163020j:image

写真は閉館ギリギリにとったので非常に寂しい雰囲気ですが、数分前まではイッテQの映像のように賑わっていました!

てか、夜の流れるプール、パリピ多めです。

f:id:otayu18:20180506162943j:image

そんなこんなで、ブダペストの温泉は、「温泉」ってより、「温水プール」的な感じでしたが、めちゃくちゃ癒されました!

ブダペスト、ホント最高です。

ブダペスト、イイとこ。マジで。

f:id:otayu18:20180506163203j:plain

日本では、マイナー気味なハンガリーのブダペスト。

実際に訪れてみると、めちゃくそイイとこでした。

安くて美味いものが食べられる上に、温泉!

ブダペスト、少なく見積もってインドの1000倍は快適です。

インドについてはこちら。

そんなこんなでブダペストがあまりにも快適すぎたので、延泊することにしました。

ということで、次回もブダペストについてもうちょっと書きたいと思います!

それではまた!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる